薬学生のサイクルブログ

毎週月曜日更新!余裕が有れば木曜も

オールドパーツを磨く スギノ マイティーコンペティション

試験もついに天王山を迎えようとしていますが、皆様はいかがお過ごしだろうか。

我が家には色々な事情でオールドなパーツが少々転がっている。今回はそんな家に転がっているオールドパーツ達を綺麗にしていく。

f:id:Sanden_cyclist:20210725204725j:image
今回綺麗にするのはクランク、スギノ マイティーコンペティション

これは高校時代、定年を迎えた物理の先生から

「もう捨てるだけやからあげる。」

と言うことで頂いたパーツのうちの一つだ。
1970年代前半に製造されたものと思われる。

長年高校の物理室に眠っていたようで保管状態は結構良く、サビなどは一切なかった。

クランクを磨いていく前にクランクをパーツごとに分解する。
f:id:Sanden_cyclist:20210725204759j:image
ネジは固着していなかったので、あっさりクランクアームとチェーンリングに分けることができた。

エスコンパウンドをつけて磨いていく。
f:id:Sanden_cyclist:20210725204734j:image
まずはチェーンリングから。
素手だと歯が食い込んで痛いので手袋を嵌めて行った。コンパウンドを薄く広げながら磨いていく。表ができたら裏面も磨く。気づけば一時間程経過していた。

f:id:Sanden_cyclist:20210725204748j:image
次に左のクランクアームを同じ要領で磨いていく。
なぜか手袋が裂けたので新しいものに交換、そして黙々とウエスを擦り続ける。

f:id:Sanden_cyclist:20210725204742j:image
気づくとさらに一時間が経過していた。

f:id:Sanden_cyclist:20210725204739j:image
最後は右のクランクアームだ。これも同じ要領で黙々と磨いていく。

f:id:Sanden_cyclist:20210725204751j:image

磨き終わった。作業を開始してから三時間が経過しようとしていた。

f:id:Sanden_cyclist:20210725204728j:image
部品を元通りに組み直して作業は終了!

メッキを施したパーツのように美しい光沢を持つようになった。

目が細かいコンパウンドでは除れない傷が余計に目立つようになった気もするが......
(おしまい)