薬学生のサイクルブログ

毎週月曜日更新!余裕が有れば木曜も

マグロライド!~後編~

みなさまごきげんよう。5月ももう後半ですね。ボチボチ勉強のペースを上げないと試験に間に合いそうにありませんw 今回はマグロライド!後編、お目当てのまぐろ丼を食べます。それでは、はじまり、はじまり~

前回の記事はこちら

sanden-cyclist.hatenablog.com

   ーー目次ーー

 

まーぐろ、まぐろ

 まぐろレストランは先に券売所で食券を購入して、それを厨房の受け取り口で渡すシステム。何にしようか迷った挙句、迷ったらこれと書いてあった豪快丼に決めた。ご飯の選択は酢飯で。占めて1000円なり。厨房の受け取り口で食券を渡して、店内放送で呼ばれるまで席について待った。程なくして呼ばれた。そして受け取った。
f:id:Sanden_cyclist:20210505150528j:image
これで1000円。お値段以上だ。写真では分かりにくいが、まぐろの刺身が2~3層をなして載っており、さらにはネギトロまで載っている。わさびが塊で乗っかっているので、上手に食べないとワサビでツーンとするのが玉に瑕だが、とても美味しかった。

港のキリン

食べ終わったらさっさと店から出ていく。出るとき、食券売り場に人が列をなしていた。どうやら幸運なことに自分は混み始める前に店へと入ることができていたようだ。店の前にある自販機で飲み物の補給を行って再び自転車にまたがる。せっかく四日市まで来たので、港のキリンを見に行った。
f:id:Sanden_cyclist:20210505150530j:image
今日は天気が良く、青空が広がっているので、写真が良く映える。

帰りは名泗国道ではなく、一国経由で帰る。塩浜の付近が自転車で走るにはちょっとあれだったので。国道一号線に面しているであろうイオンモールの看板が見えている。この辺りの道は全く知らないが、あの看板を目印に西へと進めば恐らく一号線へ出れるだろう。予想は当たっており、西進すると無事一号線に出れた。富田駅の近くだ。JRの機関車と貨車が見える。2月にここを通過した際、まだ三岐鉄道の旧社屋が残っていたが、もう既に跡形もなく取り壊されていた。伊勢へ向けて南へと走っていく。
f:id:Sanden_cyclist:20210505150524j:image
途中、東京日本橋起点のキロポストを発見。東京まで約400Kmかぁ。なんだか行けそうな気がするw近鉄四日市駅前を通過し、近鉄の高架を潜り抜けた少し先から渋滞に引っかかった。休日とあって今日は混んでいるようだ。
f:id:Sanden_cyclist:20210505150520j:image
少し前にTLで流れてきたトレックストアを発見。一国沿いにあるのかぁ。日永のあたりで渋滞が終わり快適に走れるようになった。

風と痛みとの戦い

 鈴鹿川を超えて鈴鹿市へと入る。少し股関節付近が痛み始める。しばらく漕いでいると痛みが引いてきたのでそのまま走り続ける。心臓が悪くなりそうな爆音シビックに追い越され、鈴鹿市役所前を通過し、伊勢鉄道の高架をくぐると名泗国道との合流点、北玉垣町交差点に着いた。その信号待ちでふと思った。





風向きは予報通りだけど、風強くないか???





建設中の中勢バイパスの橋脚に取り付けられた吹き流しを見るとかなりたなびいている。恐らく6~7m/sあるだろうか。かなり風が強い。向かい風にめげずペダルを回し続ける。この辺りから定期区間に入るので輪行で帰る手も出てくるが、諦めずに走り続ける。えらいぞ自分。

 ここから津市街まで距離的にはそこまで遠くないが、精神的にはかなり長く感じる。一時間も掛らないぐらいで津市街に入った。ボトルの水が切れかかってきたので自販機に立ち寄って補給を行った。伊勢まで38Km。順調に行けばあと2時間ほどで着く。補給を終えて再び自転車を漕ぎ始める。鈴鹿付近では向かい風がかなり出ていたが、津市街に入るころにはあまり感じられないようになった。

 松阪に入り、小津交差点に着いた。この次の信号で右折し伊勢街道へと入っていく。伊勢街道に入ったあたりで再び股関節付近が痛み始める。踏むと痛むが、軽いギアでクルクル回すことを心掛けて走るとあまり痛まない。特段走行に支障をきたすわけではないが、踏めないのは辛い。松阪市街に入った辺りから更に痛みがひどくなった。シッティングだと痛いので、ダンシングで走っていく。
f:id:Sanden_cyclist:20210505150540j:image
松阪駅前まで戻ってきた。もうここから先は庭同然だ。そのころには、座って漕げるまでに痛みが引いていた。しかし、相変わらず踏むと痛むのでペダルをクルクル回しつつ25Km/hぐらいでのんびりと伊勢まで帰ることにした。櫛田橋直前で飲み物が切れる。でもあと少しなので、補給をせずに走り続ける。空気圧低めのセッティングが功を奏したのか、今日は伊勢街道の道路からの衝撃があまり感じられない。家に帰ったらキンキンに冷やした炭酸飲料でも飲もうと考えながらペダルを回し続ける。身体をいたわりながら少しずつ、着実に家に向けて走っていく。
f:id:Sanden_cyclist:20210505150534j:image
そして宮川を渡り、伊勢に戻ってきた。時刻は15:45頃。今回も無事に走り切ることができた。なんだかんだいいペースで走れた。

f:id:Sanden_cyclist:20210505223156j:image
ネットAve26.8Km/h、グロスAve19.57Km/h
消費時間7:55:09

松阪から流してた割にはグロスが20Km/h近くになってて驚いてる。もう少し鍛え上げればグロス20Km/h以上のロングライドも夢ではないかもしれない。
(おしまい)